全機種に2Gバイトメモリを内蔵--パナソニック新「Let'snote」

エースラッシュ2009年01月29日 21時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月29日、ノートPC「Let'snote」の春モデルとして5機種を発表した。全機種2Gバイトメモリを搭載している。

 新機種は「CF-F8」(F8)、「CF-W8」(W8)、「CF-T8」(T8)、「CF-R8」(R8)、「CF-Y8」(Y8)の5機種をラインアップ。発売は2月20日から。価格はオープンとなる。メモリ容量を増量したほか、大容量ハードディスク(HDD)を搭載するなど基本性能を向上させたという。

 CPUには、vProTMテクノロジー インテル Centrino 2を採用(Y8を除く)。HDD容量はF8、Y8が250Gバイト、W8、T8、R8が160Gバイトとなる。

 全モデルともに「76cm動作落下試験」、「100kgf加圧振動試験」を実施したタフネスボディを実現。キーボードにおいても「キーボード全面防滴」仕様となっている。

 また、合わせて直販サイト「マイレッツ倶楽部」限定モデルとして「Let'snote」11モデルを2月20日から発売する。

 直販サイト限定モデルは、本日春モデルとして発表されたF8シリーズ、W8シリーズ、T8シリーズ、R8シリーズ、Y8シリーズに対して、上位のCPU選択やBluetooth機能の搭載などのカスタマイズを施したもの。F8シリーズに無線LAN搭載モデルが追加されたほか、W8シリーズ、R8シリーズ、R8シリーズのフラッシュメモリドライブ搭載機種についてはプレミアムエディションとして、よりハイスペックなモデルを追加している。

「Let'snote」の春モデル 「Let'snote」の春モデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加