logo

au、春モデル10機種を発表--3DディスプレイモデルやWalkmanケータイなど

永井美智子(編集部)2009年01月29日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、沖縄セルラーは1月29日、春商戦に向けた新機種10機種を発表した。3Dディスプレイ搭載モデルやWalkmanケータイの新機種などがある。31日より順次販売する。

 3D対応有機液晶ディスプレイ搭載の「Woooケータイ H001」、ソニーのWalkmanに使われている高音質技術を盛り込んだ「Walkman Phone, Premier3」(プレミアキューブ)、800万画素カメラ搭載の「Cyber-shotケータイ S001」、タッチパネル搭載の「CA001」、端末にベルトをつけた「ベルトのついたケータイ NS01」、アタッシュケースをモチーフにした「ケースのようなケータイ NS02」などがある。

 Woooケータイ H001は、ハードウェアによる3D処理により、ワンセグやゲーム、写真などを立体表示する。この技術を携帯電話に搭載したのは世界初だという。端末が縦横のどちらにも開く「2WAYオープンスタイル」を採用した。

 Walkman Phone, Premier3はダイレクトエンコーディング録音機能を搭載し、CDプレーヤーやMDプレーヤーなどとケーブルをつないで直接音楽を取り込める。充電機能のついたステレオスピーカー付き卓上ホルダーやマイク付リモコンなども同梱する。

 Cyber-shotケータイ S001はソニーが開発した808万画素のCMOSセンサー「Exmor」を搭載。1秒間に7枚の写真を連続撮影し、顔がきれいに撮れた写真を推薦する「おすすめBestPic」機能などを搭載する。ディスプレイは世界初となる3.3インチのフルワイドVGA有機ELディスプレイを採用した。携帯電話で撮影した写真をソニーの液晶テレビ「ブラビア」に送信する機能も持つ。

 CA001はauで初めてタッチパネルを搭載したモデル。ヤマハの楽器エンジン「Mofiano」を搭載した楽器演奏アプリ「Touch Session」を内蔵し、ディスプレイを触ったり端末を振ったりして楽器を演奏できる。

 ベルトのついたケータイ NS01と、ケースのようなケータイ NS02はシンプルな端末を長く利用してもらうことを念頭に設計されたモデル。NS01は背面にベルトストラップが付けられ、いろいろな素材のものに付け替えられる。N02は中央にふくらみを持たせることで、持ちやすい形状にしている。

 このほか、外装を変えられる「フルチェンケータイ T001」、800万画素CCDカメラ搭載の「SH001」、厚み13.3mmの「P001」、シートを着せ替えられる「安心ジュニアケータイ K001」を用意している。

KDDI春モデル 春モデルのラインアップ

-PR-企画特集