ヴイエムウェア、第4四半期決算を発表--アナリスト予想を上回る増収増益

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月27日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想化ソフトウェアメーカーのVMwareは米国時間1月26日、第4四半期決算(2008年10-12月期)を発表した。経済が深刻な不況に陥っているにも関わらず、同社の売り上げは25%増となり、純利益も大幅に増加した。

 同社第4四半期の売り上げは、前年同期比25%増の5億1500万ドルとなった。Thomson Reutersによると、アナリスト予想は5億1230万ドルだったが、同社の売り上げはこれを上回ったという。

 VMware第4四半期の純利益は1億1100万ドル(1株当たり29セント)で、前年同期の7800万ドル(1株当たり19セント)を大幅に上回った。Thomson Reutersによると、米金融市場は1株あたり26セントと予想していたという。

 VMwareの最高経営責任者(CEO)であるPaul Maritz氏は声明で、「VMwareは堅調な第4四半期で好調だった2008年を締めくくった。この厳しい経済の中で、われわれは良くやった」と述べた。

 VMwareは、現在の厳しい世界的経済状況により、2009年の業績予測が困難になっているとして、通期の業績見通しを明らかにしなかった。

 VMwareは、第1四半期の売り上げがおよそ4億7500万ドルになるとの見通しを示すにとどめた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加