シャープ、ミリ波モジュールを利用した地上デジタル放送伝送システムを試作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは1月23日、ミリ波モジュールを利用した地上デジタル放送伝送システムの試作機を発表した。

 ミリ派とは、波長がミリ単位(1mmから10mm)、周波数帯域が30GHzから300GHzの電波を指す。広い帯域を使用でき、短距離通信であれば1Gbps超の超高速の無線通信ができる。このシステムで使用する60GHz帯のミリ波は、無線LANで用いられている5GHz帯に比べて帯域が約125倍広いため、ハイビジョン放送などの大容量データを無線通信することが可能となる。

 2011年7月の国内地上アナログ放送停波に向け、マンションなどの集合住宅で工事が課題となっている。簡便な取り付け作業で各階の住居へ無線で地上デジタル放送を伝送できるため、導入しやすくなるとしている。

 また、ミリ波帯の広帯域伝送路特性により、地上デジタル放送だけでなくBS/CS110度放送にも対応。特定小電力規格に準拠し、無線免許は不要だ。

 シャープは、総務省からの委託研究案件(2005年12月から2009年3月まで)として、本システムの研究開発に取り組んできた。今後は、現在実施している最終的な実証実験の成果を生かしながら、早期の商品化に向けて取り組むとしている。

集合住宅設置イメージ図
集合住宅設置イメージ図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加