logo

海賊版「iWork '09」にトロイの木馬--セキュリティ企業が確認

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年01月23日 10時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットセキュリティ企業Integoは米国時間1月22日、Appleのプロダクティビティソフトウェア「iWork '09」の海賊版にトロイの木馬が仕掛けられているのを発見したと、発表した。これを悪用して、攻撃者は感染したコンピュータを制御下に置くことができる。

 トロイの木馬「OSX.Trojan.iServices.A」は、BitTorrentトラッカーサイトや海賊版を扱うその他のサイトで出回っているiWork '09のコピー内で発見された。Integoのセキュリティアラートでは脅威レベルを「Serious(深刻)」と評価している。

 海賊版のiWorkをインストールすると、トロイの木馬もiWorkServicesという名の下でスタートアップに登録される。Integoによると、プログラムはマシンのroot権限に与えられる読み、書き、実行(read、write、execute)のすべてのパーミッションを保有する。同マルウェアはインターネットを介し、遠隔地のサーバにアクセスし、感染したマシンに追加のコンポーネントをダウンロードすることができる。

 Integoによれば、22日朝の時点で、少なくとも2万人がiWork '09のインストーラをダウンロードしているという。

 一方、イタリアの研究者が、Mac OS Xベースのマシンに悪質なコードを挿入する方法を公開したと、The Registerが報じている。これにより、攻撃者は悪質なアクティビティの隠ぺいが容易になるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集