logo

ビクター、ウッドハウジングのハイエンドヘッドホン「HP-DX700」

加納恵(編集部)2009年01月22日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは1月22日、ウッドハウジングを採用したハイエンドヘッドホン「HP-DX700」を発表した。独自のダイレクトマウント構造を採用し、広い音場感を再現できるという。発売は2月中旬から。価格はオープンだが、店頭想定価格は6万5000円となる。

 HP-DX700は、ハウジング部に天然木材を使用したハイエンドステレオヘッドホン。ハウジング内に円筒形の音響室を形成し、ドライバーユニットをダイレクトに固定するダイレクトマウント構造を採用している。これにより、不要な振動や共鳴を抑え、広い音場感で高品位なサウンドを再生するという。

 大口径50mmのワイドレンジドライバーユニットには、ボビン巻きボイスコイルと高磁力ネオジウムマグネットを採用。高密度の中低域再生と高い解像度を実現するとのことだ。重量は約380g。コードは3.5mとなる。

「HP-DX700」 「HP-DX700」

-PR-企画特集