東芝「VARDIA RD-G503/E303」を発表--レコーダーのみで録画予約が完了

加納恵(編集部)2009年01月22日 13時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月22日、デジタルレコーダー「VARDIA」シリーズにおいて、「かんたん本体予約」機能を搭載した新製品2機種「RD-G503」(G503)、「RD-E303」(E303)を発表した。テレビの電源を入れずに録画予約が完了する。発売は2月1日から。価格はオープンとなるが、店頭想定価格はG503が7万円前後、E303が6万円前後となる。

 新VARDIAは、500GバイトのHDDを内蔵したG503と、320GバイトHDDを内蔵したE303をラインアップ。両機種ともにHDDとDVD-RAM/-RW/-R/-R DLへの録画が可能だ。

 上位機種となるG503には、かんたん本体予約機能を装備。これは本体に搭載した液晶ディスプレイを見ながら録画予約が完了するというもの。録画曜日・時刻とチャンネルを入力すると、液晶ディスプレイに該当の番組名が表示され録画予約が行える。これにより録画予約時にテレビ画面をつけることなく、予約録画ができるという。

 液晶部には、予約録画時だけでなく放送中の番組名や録画タイトル再生時にはそのタイトル名なども表示されるとのことだ。

 両機種ともに、通常のリモコンに加えてボタン数を絞り込んだ「新シンプルリモコン」を同梱。こちらはテレビ画面を見ながら、予約ボタンを押し、録画曜日・時刻とチャンネルを入力すると、自動で番組名が表示される「かんたん予約」機能を備える。

 搭載チューナーは地上、BS、110度CSデジタルチューナー1基で、地上アナログチューナーは搭載していない。

「RD-G503」(上)、「RD-E303」(下) 「RD-G503」(上)、「RD-E303」(下)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加