logo

楽天、PHS参入報道に対してコメント--「フュージョンがモバイルIP電話を検討」

永井美智子(編集部)2009年01月21日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は1月21日、PHS事業への参入を検討しているとの報道を受け、コメントを発表した。同社の連結子会社であるフュージョン・コミュニケーションズがウィルコムと組んでモバイルIP電話サービスを提供することを検討しているという。

 フュージョンは現在IP電話サービスを提供しており、これにウィルコムの無線サービスを組み合わせることで実現したい考えだ。ただし現在は両社で検討している段階で、正式合意したものではないとのこと。

 両社は既存設備を使ってサービスを提供する考えで、「新たなネットワークの設備投資は極めて少額で、携帯端末の開発費用なども発生せず、このサービスに参入した場合の楽天グループにおける費用増は軽微となる見通し」(楽天)としている。

-PR-企画特集