ヤマハ、ランニング使用に特化したデジタルミュージックプレーヤー「BODiBEAT」

加納恵(編集部)2009年01月21日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは1月21日、ランニングやウォーキング用のデジタルミュージックプレーヤー「BODiBEAT BF-1」(ボディビート)を発表した。走るペースに合ったテンポの曲を自動再生できる。同日から専用サイトにて販売されている。価格は2万9800円。

 ボディビートは、512Mバイトのメモリを内蔵したデジタルミュージックプレーヤー。本体重量は65gで、腕などに装着してランニング、ウォーキングが可能だ。ミュージックプレーヤーの本体と、耳かけ式ヘッドホン、脈拍センサーなどから構成される。

 付属の専用ソフト「BODiBEAT Station」では、パソコン内の音楽ファイルを取り込んで解析し、テンポや走りやすさといった情報を検出し表示。運動データ管理機能も備えているため、ボディビートとPCを接続すれば、運動距離/時間、運動ペース、消費カロリー、心拍数などの運動データが転送され、グラフ化、オリジナルトレーニングプログラムの作成にも対応するという。

 再生モードは、走るペースに合わせた曲を再生する「フリーワークアウトモード」のほか、初期設定した安静時心拍数や年齢に合わせて最も効果的な有酸素運動ができるペースの曲が自動選曲され、再生する「フィットネスモード」、専用のプログラムやオリジナルのプログラムで運動できる「トレーニングモード」、通常の音楽プレーヤーとして利用できる「ミュージックモード」を用意。本体内蔵の音源とシーケンサーを利用して楽曲を生成する「BODiBEAT Mixer」機能も備える。

 本体の有機ELディスプレイには、運動中の心拍数、距離、再生中の曲名、運動結果を表示できる。

 MP3、WMA、AAC、WAVのオーディオファイルに対応。電源は内蔵充電池を使用しており、USB接続により充電が可能だ。約3時間の充電で9時間程度使用できるとのこと。

「BODiBEAT BF-1」 「BODiBEAT BF-1」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加