人工衛星から見たオバマ米大統領就任式--「GeoEye-1」撮影

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月21日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleに地上の高解像度画像を提供予定の人工衛星GeoEye-1が、Barack Obama米大統領の就任式の様子を上空から撮影した。その画像が現在、公開されている。

 同衛星は、数週間以内にGoogle向けのデータを作成する予定になっている。しかし、その前にこれらの画像から、「Google Earth」や「Google Maps」がどのようになるか、気になる詳細を見て取ることができる。これら画像は、重量4300ポンド(約1.95トン)の同衛星が時速1万7000マイル(時速約2万7359km)で移動しながら、地上423マイル(約681km)の高さから撮影した。

 GeoEyeは2008年9月にGeoEye-1を打ち上げた。Googleが、GeoEye-1の画像をオンラインで独占的に利用する権利を獲得している。

米連邦議会議事堂周辺 ※クリックすると画像が拡大します。
米連邦議会議事堂周辺
提供:GeoEye
右上にある巨大テレビの周りに人々が集まっているのがわかる。 ※クリックすると画像が拡大します。
右上にある巨大テレビの周りに人々が集まっているのがわかる。
提供:GeoEye
上空から見た就任式の様子 ※クリックすると画像が拡大します。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加