企業内で感染を広げる新種ワーム「Downadup」に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エフセキュアは1月8日、「Downadup」と呼ばれる新しいワームについて警告した。「Confiker」とも呼ばれるこのワームは、WindowsベースのPCやサーバに感染するとさまざまな問題を引き起こす。年明け以降、同社にはこのワームの感染ケースがいくつも報告されているという。

 Downadupには複数の感染経路があるが、Windows Server Serviceの脆弱性を悪用した場合、ネットワークパスワードを盗みとり、USBメモリに感染する。このため、Downadupワームが一度企業ネットワークに侵入すると、完全な駆除が難しくなる。なお、この脆弱性はマイクロソフトが提供している最新のパッチを適用することで解決可能だ。

 この種のワームに感染した場合、ユーザーが自分のアカウントにアクセスできなくなってしまうなどの恐れがある。これは、ワームがブルートフォース総当たり方式でPCのパスワードを盗み取ろうとし、ユーザーが複数回ログインに失敗したとみなされて、ロックアウトされてしまうからだ。

 このワームはコンピュータ起動の早い段階で実行され、必要なファイルへのアクセス権やレジストリのキーを設定してしまう。このため、ユーザーがワームを除去することが難しいことも特徴となっている。

 エフセキュアでは、ワーム感染の予防策として「マイクロソフトが提供している最新のパッチを適応する」「アンチウイルスソフトは最新のバージョンを使用し、最新のアップデートを適応する」「USBメモリの『AUTORUN』『AUTOPLAY』(自動実行機能)を無効にする」「ユーザーパスワード、特に管理者パスワードを安易なものにしない」という方法を挙げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加