日立、指静脈認証装置を小型化--ロッカーや金庫へも搭載可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は1月8日、従来機比で4分の1以下という大幅な小型化を実現した認証装置「機器組み込み用小型指静脈認証ユニット」を発表した。ロッカーやキャビネット、保管庫、金庫、専用端末などへの採用を見込む。提供開始は1月9日から。

 指静脈を撮影するカメラ部と認証、照合する処理回路をコンパクト化したことや、指への照射を左右斜め下から行うなどの新構造により小型化を実現。これにより、小さなサイズの扉や複数の扉がある機器などにも、指静脈認証装置を組み込めるという。

 指静脈の撮影から登録データとの認証、照合までは装置内で処理が可能。電源投入から約1秒で起動できるなど省電力化も実現している。

 指静脈認証技術は日立製作所が開発した生体認証技術。直接センサー部に触れることなく高い認証精度を持ち、湿気や乾燥など肌表面の状態の影響を受けにくい特徴がある。ATMの本人認証やPCログイン、入退室管理等に活用できるほか、今後は自動車などさまざまな分野への応用が期待されているという。

「機器組み込み用小型指静脈認証ユニット」 「機器組み込み用小型指静脈認証ユニット」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加