マカフィー、ブレードサーバ型の次世代セキュリティソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは12月15日、企業向けの次世代ネットワークセキュリティソリューションとして、ブレードサーバ型の新製品「McAfee ContentSecurity Blade Server」を発表した。2009年1月5日より販売する。

 この製品は、メールとウェブの両方のセキュリティに対応するプラットフォーム。URLフィルタリングやスパム対策、フィッシング対策、マルウェアの脅威などを阻止する。ブレードを追加することで、最大で毎時500万通のメッセージと5万人の同時ウェブアクセスをスキャンできるという。

 Content Security Blade Serverは、HP BladeSystem c-Class製品を採用している。1万2000ノードでメールとウェブのスキャンをする場合の標準価格は、シャーシが1台150万円、管理ブレードが同100万円、スキャニングブレードが同560万円。オプションとして、ウェブフィルタリングモジュールがスキャニングブレード1台につき140万円、電力配分装置が1台5万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加