logo

サンのシュワルツCEO:「JavaFXが必要とされる3つの理由とは」 - (page 4)

文:Ed Burnette(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子2008年12月17日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――JavaFXは今後、より多くのデバイスに搭載され、さらに多くの消費者にアクセスしやすくなると考えてもよいのでしょうか?

 JavaFXは携帯電話やNetbook、自動車のダッシュボード、コンシューマー向けエレクトロニクス製品、デスクトップPCにまで搭載される共通のプラットフォームとなるでしょう。今日ではまだニッチな分野に見えるかもしれませんが、現金自動預け払い機(ATM)やガソリンスタンドの給油ポンプ、電光掲示板にいたるまで、インターネットの市場は人類規模や地球規模と言ってよいほど大きなものなのです。このため、われわれはJavaFXをインターネットが進出する分野すべてで提供するつもりです。われわれは、こういった機器すべてを今すぐ挙げることができるとは考えていません。10年前に、フォトフレームや自動車がインターネットに接続されるかどうかなど、答えられる人はいなかったはずです。しかし現在ではそういったことは至極当たり前のこととなっています。電器店に行ってみれば、JavaFXがどういったものに利用されるようになるのかが想像できるはずです。

――例えばおもちゃといったものでしょうか?

 3~4年前には人目を引くための小道具だったものの多くが、現在ではそうではなくなっています。こういったものは実際に興味深く、素晴らしいものとなっています。センサーを使ったものからゲームのためのものにいたるまで、すべてのプラットフォームが進化しているのです--現在起こっていることは信じがたいほど素晴らしく、われわれは今までよりももっと幅広いかたちでそれにかかわっていきたいと考えているのです。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]