logo

通信業界に風穴を開ける日本通信、人気集まるも業績面で不安感 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本通信は11月、2009年3月期9月中間業績計画の大幅下方修正を発表している。当初、6000万円程度を想定していた連結経常赤字が、7億4600万円に拡大する見込みだと発表した。期初、通期業績計画について連結経常損益で5億9900万円の黒字浮上を計画していた。しかし、この中間期業績計画の下方修正時に、改めて業績計画を非開示に変更すると発表している。

 先端的なビジネスを展開する一方で、業績面には不透明感が強まっている。かつても新興市場には技術力やビジネスモデルを高く評価されながら経営が行き詰まり、経営破たんや上場廃止に至った企業が少なくない。日本通信も財務面は決して盤石ではなく、そのリスクも意識される。

 今後、株価の人気継続、上昇トレンド入りには業績面で成果を上げていく必要がある。足元でも人気は続いていることは、市場参加者の期待の高さの表れでもある。通信業界の改革者は本物なのか、市場関係者は熱い視線を送っている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]