エフルートとプリファードインフラストラクチャー、2社共同出資によるLLPを設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エフルートとプリファードインフラストラクチャーは12月10日、モバイル向けの検索エンジンを開発、運営する有限責任事業組合(LLP)「FROUTE Search Technology LLP」を設立することで基本合意したと発表した。

 エフルートは、モバイル検索ポータルサイト「froute.jp」を運営するほか、モバイルに特化した検索サービスを展開している。

 一方のプリファードインフラストラクチャーは設立以来、大規模全文検索エンジン「Sedue」を始めとしたさまざまな検索エンジンを開発。企業へ技術を提供している。

 両社は共同での取り組みの第1弾として、画像検索エンジンを開発しfroute.jpへ導入している。今後は2社の技術力とノウハウを生かし、新たなモバイル向け検索エンジンを開発するとともに、他社への検索エンジン提供や海外展開を進めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加