HD映像も無線配信、家庭内での配線を不要に--Tzero Technologiesの新技術

永井美智子(編集部)2008年12月03日 20時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「HDMIケーブルで接続したときと変わらない映像体験が、無線で楽しめる」――シリコンバレーに本社を置く半導体ベンチャーのTzero Technologiesは12月3日、ウルトラワイドバンド(UWB)を使い、無線でHD(高精細)映像を送受信するチップセットを公開した。国内の家電メーカーなどに向けて売り込む方針だ。

 Tzeroは2003年創業。自社で製造設備を持たないファブレス型の企業で、大手ベンチャーキャピタルなどから8000万ドルの出資を受けているという。

 2008年よりチップセットの生産を開始し、第1四半期の売り上げは100万ドルに達したとのこと。日本では日立製作所の薄型テレビ「Wooo」シリーズにおいて同社の技術が使われているという。ほかにもプロジェクターや医療製品、軍事用品などで採用されているとした。

081203_tzero.jpg Zero Wire 2.0を使って太陽誘電が開発した試作機

 今回発表したのは、ウルトラワイドバンド(UWB)を活用してHD映像を送受信する「Zero Wire 2.0」。フルHDの1080p/60コンテンツに対応し、伝送速度は300Mbps以上、遅延は16ミリ秒未満という。説明会の会場ではPLAYSTATION 3からテレビにHDコンテンツを送信し、HDMIケーブル経由のものと、Zero Wire 2.0を使った無線経由のものでほとんど差がないことをアピールしていた。

 2009年第2四半期に量産を開始する計画で、リファレンスボードの価格は1個50ドル以下になるという。競合他社の製品は数百ドルはするとした上で、「OEMメーカーが1000ドル未満で製品を市場に販売できるようにするのが目標だ」(Tzero Technologies COOのバーナード・クレイサウワー氏)とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加