logo

日本HP、16本のメモリスロットを備えた2Uラックマウント型サーバなどを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは12月1日、業界標準x86サーバ「HP ProLiant」ファミリーの新製品として、高さ2U(8.6cm)の薄型筐体に16本のメモリスロットを備えた高密度ラックマウント型サーバ「HP ProLiant DL385 Generation 5p」を発表した。オプション製品の利用により、最大16個の内蔵ハードディスク(HDD)ベイと最大6つの拡張スロットの搭載が可能になる。価格は28万9800円から。

 HP ProLiant DL385 Generation 5pは、クアッドコア AMD Opteronプロセッサの最新版を搭載し、ネイティブ・クアッドコア設計、6Mバイトのキャッシュの採用などによって、前世代の「HP ProLiant DL385 Generation 5」から67%の電力効率向上を実現したという。

 前世代機に比べ、2倍のメモリ(最大128Gバイト)と2倍のHDD(オプション製品利用時最大16ベイ)、オンボードNIC(4ポート)を配備した。従来の2.5インチSAS/SATA HDDに加え、3.5インチSAS HDDの利用も可能だ。

 特に同種のサーバとして業界でも最大クラスとなる16本のメモリスロットにより、優れたコストパフォーマンスを実現。安価な4Gバイトのメモリモジュールを使用した場合でも64Gバイトの大容量メモリを構成できるとのこと。

 また同時に、HP ProLiant DL385 Generation 5p以外のクアッドコア AMD Opteronプロセッサ搭載HP ProLiantサーバ7機種においても、“Shanghai”搭載モデルを一斉発売する。価格は最下位機種の「HP ProLiant DL385 Generation 5p」が18万9000円から、最上位機種の「HP ProLiant DL785 Generation 5」が238万3500円からとなる。

「HP ProLiant DL385 Generation 5p」 「HP ProLiant DL385 Generation 5p」

-PR-企画特集