logo

ハッカーグループ、iPhoneでLinuxカーネルの起動に成功

文:Chris Duckett(Special to CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2008年12月01日 17時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleと「iPhone」ハッカーの間で続いている「軍拡競争」が新しい局面を迎えた。あるハッカーグループがiPhoneでLinux 2.6カーネルを起動させたのだ。

 このカーネル移植の成功は「Linux on the iPhone」ブログで発表された。同ブログでは手順説明とソースコードも公開している。

 ブートローダやカーネル、Busyboxターミナルはロードすることができるが、タッチスクリーン、サウンド、加速度計、ネットワークなどiPhoneの機能の多くはまだ利用できない。またターミナルへの入力は、iPhoneを接続した別のデバイスから、USBインタフェースを介して行う必要がある(「Geek Hero Comic」ではこれをユーモラスにまとめている)。

 今回Linuxカーネルを移植したグループは、これまでのiPhoneソフトウェアのjailbreak(脱獄)に関与してきたグループiPhone Dev Teamから派生している。


iPhone Linux Demonstration Video from planetbeing on Vimeo.

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集