logo

まさに写真機そのもののフルサイズデジ一眼、ソニーの「α900」の画質とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー「α」シリーズのフラッグシップ機「α900」。現在ある35mm判デジタル一眼レフカメラでは最高の有効約2460万画素で、視野率100%のファインダーを搭載する。名実ともにソニー「α」シリーズのフラッグシップ機を名乗るにふさわしいカメラだ。その「α900」と、カールツァイスレンズ「Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM」をセットでお借りすることができたので、その使用感など画質を中心にお伝えしよう。

【写真と記事詳細はこちら】

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]