logo

ノキア、携帯電話から家電制御可能なプラットフォームを計画

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年11月28日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokiaは現地時間11月27日、携帯電話から家電やセキュリティ、電力管理システムを制御可能にするプラットフォーム「Nokia Home Control Center」を開発する計画であることを発表した。同プラットフォームは、住宅の電力消費を遠隔から管理することによって、二酸化炭素の排出低減を目指している。

 NokiaのCorporate Business Developmentで責任者を務めるTeppo Paavola氏は、「外部パートナーが、われわれのプラットフォームをベースに独自のソリューションやサービスを開発可能なオープンソリューションを作り出したい」と話している。「モバイル機器は、特にユーザーが外出している場合、ホームインテリジェンスを制御する理想のインターフェースであると考えている」(Paavola氏)

 Nokiaは、12月2日と3日にバルセロナで開催されるイベントNokia WorldでNokia Home Control Centerを披露する予定となっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集