インタースペース、通話課金型広告サービスを提供開始--フリーペーパー企業と業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インタースペースは11月26日、通話課金型広告サービス「I-CY/PayPerPhone」の本格稼動を開始したと発表した。フリーペーパーの「クーポンランド」「美食ナビ」を企画、運営するサイファと業務提携し、ソニースタイル・ジャパンの運営する地図情報サイト「Peta Map」に広告を掲載する。

 これまでインタースペースは、店舗の開拓と掲載先メディア開拓の両方を手がけていた。サイファとの業務提携により、今後は店舗の開拓をサイファが、サービスの運営と掲載先メディアの開拓をインタースペースが担当する。

 通話課金型広告は、効果測定のできる特別な電話番号をウェブサイトや雑誌などの媒体に店舗情報として掲載し、ユーザーからその番号に予約や問い合わせの電話が入るたびに成果報酬を支払う仕組み。電話による予約や無料相談から受注に結びつくケースが多い美容外科や法律相談所、インターネット経由よりも電話による予約が多い飲食店などを主なターゲットとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加