logo

グーグル、Street Viewインターフェースを刷新--切り替え方法などを変更

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年11月26日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、「Google Maps」の機能である「Street View」のインターフェースを刷新した。

 大きな変更点の1つは、Street Viewへの切り替え方である。「Pegman」というキャラクターをズームスライダー上部からドラッグして任意の場所へドロップすることで切り替え可能になっている。ドロップダウンメニューからStreet Viewを有効にし、表示したい場所をクリックするよりもずっと手早く切り替えできる。

提供:Google

 また、表示サイズも大きくなり、小さな枠内ではなく、ウインドウ全体に表示されるようになっている。解像度の向上により、より接近して拡大することができる。以前、Street Viewを使って友人に道順を教えようとしたとき、筆者自宅すぐ近くにあるレストランの看板が暗がりにあり読み取ることができなかったが、現在は見て取ることができる。

 Street Viewの右下には小さなマップが表示されるようになった。このマップの左上をクリックすると、マップ(下)とStreet View(上)に2分割された画面に切り替わる。

Street Viewの分割表示
提供:Google

 詳細については、プログラマーであるStephane Lafon氏とユーザーエクスペリエンスデザイナーであるAndy Szybalski氏による25日付けのGoogle LatLongへのブログ投稿で知ることができる。Pegmanに関するイースターエッグなども紹介されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集