米インターネット広告売り上げ、第3四半期は前年同期比11%増--IAB調査

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年11月21日 15時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブ広告業界は、深刻化する経済不況の影響をもろには受けていないようだ。

 米国のオンライン広告業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)によると、第3四半期のインターネット広告の売り上げはおよそ59億ドルで、前年同期から11%増加したという。

 しかし、残念ながら、オンライン広告は停滞気味であるようだ。2008年第3四半期は、前期と比べてわずか2%の増加だった。しかし、2008年第1〜第3四半期のオンライン広告の売り上げは計173億ドルで、前年同時期の計152億ドルから増加した。IABによると、第3四半期の売り上げ59億ドルは、過去2番目に高い数字だったという。

 またインターネット視聴率調査会社comScoreは、広告に焦点を当てた10月のランキングを発表した。首位はAOLの広告プラットフォーム「Platform A」で、同社の広告の視聴者数は1億7300万人だった。これは、米国のインターネット利用者1億9060万人の91%に相当する。第2位は視聴者数1億6400万人のThe Yahoo Networkで、続いてGoogleのAd Networkが 視聴者数1億5800万人で第3位に入った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加