プリンストンからiPod用スピーカー2機種--90Wの大出力モデルも

加納恵(編集部)2008年11月21日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プリンストンテクノロジーは11月21日、iPod用スピーカー「JiveBox PSP-HDB」(PSP-HDB)と「ZOOMBOX PSP-ZBB」(PSP-ZBB)の2機種を発表した。ともに価格はオープン。発売日と店頭想定価格はPSP-HDBが12月上旬で2万4800円前後、PSP-ZBBが12月中旬で1万4800円前後だ。

 PSP-HDBは、最大90Wの出力が可能な2.1chのマルチメディアスピーカーだ。AuderaAcousticによる「ClassHDテクノロジー」を採用する。これはエネルギー変換効率を改善することで、音の歪みを押さえ、高音質化を図る技術。これにより、大音量でも音が割れることなく、低音量時でもゆがみを発生させず、クリアなサウンドが再生できるという。

 サブウーファー部は、底面の振動板を低音域で共鳴させる「パッシブラジエータ方式」を採用している。

 本体サイズは高さ193mm×幅180mm×奥行き180mmで、重量は約2kg。オーディオ入力のほか、本体底面に映像出力端子を1系統装備しているため、テレビなどと組み合わせることも可能だ。

 PSP-ZBBは、FM/AMチューナーを内蔵した2.1chマルチメディアスピーカーだ。最大出力55Wのパワーアンプを搭載し、4つのミッドレンジと2つのトゥーターを搭載する。

 本体サイズは高さ215mm×幅280mm×奥行き208mmで、重量は約4.85kgとなる。

「JiveBox PSP-HDB」(左)と「ZOOMBOX PSP-ZBB」(右) 「JiveBox PSP-HDB」(左)と「ZOOMBOX PSP-ZBB」(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加