logo

端末の初期化やカスタマイズも遠隔で--NTTドコモ、企業向けサービスを拡充

松田真理(マイカ)2008年11月17日 21時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは11月19日より、携帯電話の設定や制御を遠隔でできる企業向けサービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」の機能を2点拡充する。

 1つめは「遠隔初期化」機能。携帯電話が紛失や盗難にあった際、電話帳や発着信履歴、メール、静止画、スケジュールなど携帯電話内のデータを、管理者が遠隔操作で初期化できる。

 2つめは「遠隔カスタマイズ」機能。カメラ機能、電話帳機能、赤外線機能、ロック機能、ワンセグ機能など携帯電話の機能を、管理者が強制的に設定もしくは制限できる。

 対応機種は、遠隔初期化機能がF-01A、F-03A、P-01A、P-02A、P-03A、P-04A、P-05A、SH-01A、SH-03A、SH-04A、N-01A、N-02A、N-05A、F905iBiz、F1100。遠隔カスタマイズ機能がF-01A、F-03A、F905iBizだ。

 料金はそれぞれ、利用数に応じたオプション料金として加算する。例えば、遠隔初期化機能の場合、10回線までは月額1470円。遠隔カスタマイズ機能の場合、10台まで月額735円となる。

-PR-企画特集