カラバリ増加でポータブルDVDプレーヤー選びに新基準、主流は7V型ワイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ秋の行楽シーズン。車の後部座席や旅行先の電車の中など、さまざまなシーンで活躍するアイテムが、ポータブルDVDプレーヤーだ。好きな場所で家族や友達、恋人と一緒に映像を手軽に楽しめる。最近では、ワンセグ対応をはじめとした機能面の充実に加え、カラーバリエーションも豊富になってきた。ポータブルDVDプレーヤーのトレンドと10月の人気モデルを見てみよう。

●デザインで選びたくなるカラーバリエーションの豊富さ

 ポータブルDVDプレーヤーでいま注目したいのは、カラーバリエーション。例えば、BLUEDOTの「BDP-1725」は、シャンパンゴールド、ゴールド、グレーといった高級感ある色のモデル。同じくBLUEDOTの新モデル「BDP-2705WD」は木目調の天板を採用する。ステーショナリーを思わせる、ぬくもりのあるデザインだ。また、ソニーの「DVP-FX720」は光沢を抑えたブルー、レッド、ホワイトの大人っぽい天板カラーが目を引く。

 実際、「BCNランキング」によると、カラーバリエーションをもつシリーズは徐々に増えてきており、10月の販売台数シェアで26.3%を占めている。店頭ではナチュラル、ビビッドなどおしゃれなカラーが並び、見ているだけでも楽しくなってくる。

 このほか、お風呂や台所で使える防水タイプや、車載用としてヘッドレストに取り付けできるアジャスターを付属するものもある。ちなみにポータブルDVDプレーヤーの税別の平均価格は現在、2万3000円程度。1年前の2万5000円程度と比べると2000円ほど下がってきた。

【写真・図表と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加