エプソン、オフィス向けページプリンタ、複合機、スキャナの新モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソン(碓井稔社長)は11月5日、A3対応モノクロページプリンタ「LP-S4200シリーズ」と「LP-S3500シリーズ」、A3カラー対応のオフィリオ複合機「LP-M5000シリーズ」、オフィリオスキャナ「ES-D400」を発表した。

 A3対応モノクロページプリンタ「LP-S4200シリーズ」(44枚/分)、「LP-S3500シリーズ」(38枚/分)は、高速印刷と120万ページまたは5年印刷可能な高耐久性を両立。さらに、大容量給紙(標準750枚、最大2400枚)と大容量連続排紙(標準500枚、最大1000枚)により、集中して連続出力を必要とする帳票システムや会議・経営資料などの大量出力ニーズに対応する。税別価格と発売時期は、「LP-S4200」が21万9800円で12月上旬発売。「LP-S3500」が13万9800円で11月下旬発売。「LP-S4200シリーズ」「LP-S3500シリーズ」全体で今後1年間に5万台の販売を目標にしている。

 A3カラー対応の複合機「LP-M5000シリーズ」は、モノクロ35.8枚/分の高速印刷に加えて、オフィスのカラー化にも高画質で対応する「プリンタ」「コピー」機能や紙文書の電子化を手軽に実現する「スキャナ」機能をコンパクトボディに集約。また、スーパーG3対応のFAX機能付モデルや給紙装置の増設カセットを2段標準装備したモデルなどを用意する。税別価格は、「LP- M5000」が29万9800円、ADF付きモデル「LP-M5000A」が39万9800円、FAX機能/ADF付きモデル「LP-M5000F」が 51万9800円。11月下旬に発売する。「LP-M5000シリーズ」全体で今後1年間に2万4000台の販売を予定する。

 A4対応高速シートフィードタイプのスキャナ「ES-D400」は、コンパクトなサイズにデュアルCCDを搭載。40枚/分の高速読み取りに加え、両面同時読み取りによって80面/分の取り込みが可能。また、45万スキャンという高い耐久性も実現している。さらに、A3サイズやB4サイズの原稿を半分に折り、本体に同梱しているキャリアシートに差し込むことでA3/B4原稿として結合して読み取ることができる。価格は12万8000円。12月上旬に発売する。今後1年間で6000台の販売を予定している。

セイコーエプソン=http://www.epson.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加