logo

アップル、小売業務を拡大--8000人を2008年に追加

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年11月06日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは2008年、小売業務の規模を倍増した。

 米国時間11月5日に公開されたAppleの10-K年次報告書によると、同社は現在3万2000人の社員を雇用し、その数は2007年同時期の2万1600人から増加しているという。Todd Bishop氏のTechFlashが指摘している。この人数のうち1万6000人は同社の小売部門で働いているという。同社は247店舗を持っている。

 2007年の年次報告では、8000人が同社小売グループで働いていると述べており、店舗数は197だった。9月に終了した2008会計年において、小売部門の純売上高は、324億ドルの同社純売上高のうち63億ドルを占めていた。

 他の人事関連ニュースとして、Appleは、退任するiPod担当幹部Tony Fadell氏に、「特別顧問」という新たな役職を与え、年間30万ドルを支払うという。また、同氏は、2010年3月に権利確定する制限付き株式7万7500株をまだ権利確定していない制限付き株式15万5000株の代わりに受け取ることになるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集