logo

フォトレポート:フリーウェアで有料アプリを代替--節約上手なソフト選び

文:Jessica Dolcourt(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年11月10日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 経済状況が厳しい中、ソフトウェア代節約のために有料アプリケーションの代替品を探しているWindowsユーザーに向けて、便利なフリーウェアを紹介する。

フリーウェア:OpenOffice.org
代替対象:Microsoft Office Home Edition
節約金額:150ドル

 最新の「Microsoft Office」にまだアップグレードしていないのであれば、まずは「OpenOffice.org」を試してみてほしい。なじみのあるインターフェースを搭載したMicrosoft Officeに代わるこのアプリケーションは覚えやすく、Officeの主要機能と同等の機能が組み込まれている。

 たとえば、OpenOffice.orgでは、テキスト文書、スプレッドシート、プレゼンテーション、データベース、および図を、作成したり編集したりできる。また、テンプレートやコラボレーションツールを搭載し、マクロに対応している。ファイルの内容を「Google Docs」に書き出すことができ、Microsoft Officeの文書と互換性があるため、添付ファイルの送受信で困ることはないだろう。
Scroll Right Scroll Left

 経済状況が厳しい中、ソフトウェア代節約のために有料アプリケーションの代替品を探しているWindowsユーザーに向けて、便利なフリーウェアを紹介する。

フリーウェア:OpenOffice.org
代替対象:Microsoft Office Home Edition
節約金額:150ドル

 最新の「Microsoft Office」にまだアップグレードしていないのであれば、まずは「OpenOffice.org」を試してみてほしい。なじみのあるインターフェースを搭載したMicrosoft Officeに代わるこのアプリケーションは覚えやすく、Officeの主要機能と同等の機能が組み込まれている。

 たとえば、OpenOffice.orgでは、テキスト文書、スプレッドシート、プレゼンテーション、データベース、および図を、作成したり編集したりできる。また、テンプレートやコラボレーションツールを搭載し、マクロに対応している。ファイルの内容を「Google Docs」に書き出すことができ、Microsoft Officeの文書と互換性があるため、添付ファイルの送受信で困ることはないだろう。

提供:CNET

 経済状況が厳しい中、ソフトウェア代節約のために有料アプリケーションの代替品を探しているWindowsユーザーに向けて、便利なフリーウェアを紹介する。 フリーウェア:OpenOffice.org 代替対象:Microsoft Office Home Edition 節約金額:150ドル  最新の「Microsoft Office」にまだアップグレードしていないのであれば、まずは「OpenOffice.org」を試してみてほしい。なじみのあるインターフェースを搭載したMicrosoft Officeに代わるこのアプリケーションは覚えやすく、Officeの主要機能と同等の機能が組み込まれている。  たとえば、OpenOffice.orgでは、テキスト文書、スプレッドシート、プレゼンテーション、データベース、および図を、作成したり編集したりできる。また、テンプレートやコラボレーションツールを搭載し、マクロに対応している。ファイルの内容を「Google Docs」に書き出すことができ、Microsoft Officeの文書と互換性があるため、添付ファイルの送受信で困ることはないだろう。

-PR-企画特集