イー・アクセス、アッカ・ネットワークスをTOB--115億円で吸収合併へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・アクセスは10月29日、アッカ・ネットワークスの普通株式、および新株予約権を、公開買付(TOB)により取得すると発表した。

 イー・アクセスはすでに、アッカ・ネットワークスの発行済株式総数の45.10%にあたる7万8575株を保有しており、同社を連結子会社化している。今回のTOBは、イー・アクセスによるアッカ・ネットワークスの吸収合併を目的としたもの。

 株式に換算すると、最大買い付け株式数は9438株。追加取得を目的としたTOBは、10月30日より11月28日までとし、買い付け予定の株式に上限、および下限は設けていない。

 買付け価格は1株式につき12万円。すべての株式を買い付けた場合、応募株券なども含む買付け代金は115億6980万円となる。なお新株予約権は1個につき1円としている。

 イー・アクセスでは、今回のTOBによる両社の事業統合と再編によって、加入者規模約300万人、売上高規模1000億円の総合通信事業グループになると想定。重複するサービス提供エリアや業務を整理し、営業およびマーケティング分野での販売チャネルや営業人員など経営資源の一体化を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加