拡大続くデジタルフォトフレーム、市場動向と大手メーカー参入の狙いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルフォトフレームの人気が続いている。年明け以降、販売台数は増えていたが、大手家電メーカーが参入したことで市場が一気に拡大した。広がるデジタルフォトフレーム市場の最新動向や売れ筋モデルを「BCNランキング」で探るとともに、トップメーカーに取材した。

●年明けから販売台数は急増、大手メーカー参入で認知度も高まる

 デジタルフォトフレームは08年の1月以降、販売が増加している。「BCNランキング」で、08年1月の販売台数を基準にした、月の伸び率の指数では、3月が204.1%、6月は413.7%、直近の9月は542.7%と、加速している。

 市場が伸びた背景にはソニーの参入がある。ソニーは5月に3機種の新製品を投入。デジタルフォトフレームは、一般の人には馴染みが薄い製品だったが、「ネームバリューのある大手メーカーが入ってきたことで認知度が高まった」と、瀧井靖夫・ビックカメラ有楽町店DPE写真工房主任は説明する。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加