KDDIなど5社、京都「太秦戦国祭り」でスポットワンセグサービスを実験

松田真理(マイカ)2008年10月10日 17時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ITコンソーシアム京都、京都放送(KBS京都)、エフエム京都(FM京都)、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)、KDDIの5社は、10月18日から19日まで京都の東映太秦映画村で開催される「太秦戦国祭り」において、スポットワンセグサービスの実験をすると明らかにした。

 スポットワンセグとは、限られたエリアのみに提供するワンセグ放送のこと。この実験では、太秦戦国祭りに関連したオリジナル映像を、実験局を設置した東映太秦映画村と、東京の秋葉原DearStage DEMPAビル店の2拠点に同時放映する。

 KDDIが開発した「ワンセグ・IP/RF変換技術」を用いて、IPネットワーク経由で送付したワンセグ放送ファイルを、地上デジタル放送規格に準拠したワンセグ信号に変換する。京都での実験の企画、コーディネートはITコンソーシアム京都が、技術サポートはKBS京都とFM京都が、システム全体の技術開発と運営はKCCSが、遠隔地におけるIP/RF変換技術の提供はKDDIが担当する。

 また、10月18日から19日までの間、外出先で視聴したスポットワンセグの続きを自宅などのPCで視聴できるシステムについても実験する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加