logo

マピオンラボ、Flex対応のFlash地図APIを公開--Adobe AIRにも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地図情報検索サービス「マピオン」を運営するサイバーマップ・ジャパンは10月1日、同社の実験サイト「マピオンラボ」で、Adobe Flex対応の地図API「Flash Maps API」を公開した。非営利目的であれば、個人、法人を問わず無料で利用できる。

 Flash Maps APIは、Adobe Flexを使って、ドラッグアンドドロップによるフリースクロール可能な地図をFlashアプリケーション内に埋め込むことができる地図API。Adobe AIRによるデスクトップアプリケーションの作成にも利用できる。

 マピオンラボでは今後、ActionScript対応のFlash Maps APIも公開するとしている。

-PR-企画特集