マイクロソフトがLive HotmailとLive Search Mapsのサービスを強化

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月30日 15時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月29日、Windows Live HotmailLive Search Mapsの機能を強化した。

 Hotmailについては、従来より最大70%高速化される。ただし、現時点ではまだ全面展開されておらず、先週末に一部の利用者に対して提供を開始している。今後数週間かけて全利用者に広げる。

 一方、オンラインマッピングツールLive Search Mapsは、道案内の目印としてランドマークや各地域の店舗などが利用できるようになった。案内の経路上に、ランドマークがある場合は、街路名のほかにそうしたランドマークも表示される。自動車販売店やファストフード店など、町名などより店舗名の方がわかりやすい場合には便利だ。

 Microsoft Virtual EarthのTech EvangelistであるChris Pendleton氏によると、今のところ、ランドマークは次の6種類に限られているという。

  • 給油所
  • 大手全国ホテルチェーン
  • 飲食店
  • コンビニ店
  • 食品雑貨店
  • 自動車販売店

 また、便利なマルチストップ機能も加わった。Google Mapsでは2006年後半から提供されている機能で、途中に立ち寄る場所を指定できる。印刷して携行することも可能。

 さらに、コミュニティーマップを作成すると、その直後から検索対象に入るようになった。誰かが検索すると、利用者が作ったばかりのマップも検索される。また、企業を検索する際、利用者が入力したアイテムも検索対象に含まれるようになった。まだ公式には追加されていない企業の住所や電話番号も、入力しておけば通常の検索でそれが表示されるので便利だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加