アジアのネット企業が語る、ウェブ技術の現在--「Open Web Asia」がソウルで開催

永井美智子(編集部)2008年09月30日 13時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国、中国、日本などアジアのインターネット関連企業経営者やベンチャーキャピタリストが集まる国際展示会「Open Web Asia Conference 2008」が10月14日、韓国ソウルで開催される。

 日本からはngi group執行役COOの金子陽三氏や、ベンチャーキャピタルであるインフィニティ・ベンチャーズ パートナーの田中章雄氏らが参加。このほか、韓Cyworldの創業者であるYongjoon Hyung氏やYahoo!の韓国地域の代表であるJames W. Kim氏、Alibabaグローバルセールス バイスプレジデントのArthur Chang氏などが登場する。また、TechCrunch50の主催者の1人でmahala.com CEOのJason Calacanis氏や、欧州のウェブカンファレンス「Le Web」を主催するSeesmic CEOのLoic Le Meur氏らも出席する。

 第1回となる今回のテーマは「The Social Web(ソーシャルウェブ)」。参加料は200ドルとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加