コントラスト5万対1--ビクター、D-ILAプロジェクターで業界最高値をマーク

加納恵(編集部)2008年09月25日 20時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは、D-ILAプロジェクターにおいて「DLA-HD750」(HD750)、「DLA-HD350」(HD350)の2機種の新製品を発表した。HD750は業界最高値となるネイティブコントラスト5万対1を再現するという。HD750は12月上旬発売で価格は73万5000円、HD350は11月上旬発売で価格は52万5000円となる。

 ハイエンドプロジェクターとして販売されているDLAシリーズだが、新製品開発のポイントは小型化。幅455mmあった前機種「DLA-HD100」に比べ、HD750/350は幅365mmへとスリム化し、重量も600gダウンした11kgとなった。同社では、吸排気構造を切り替えたことに加え、光源ランプをレンズに対しストレートに配置することで、ミラーレス構造となったことによるもの、としている。

 上位機のHD750は、ネイティブコントラスト比5万対1を実現したプレミアムモデル。独自開発の「0.7インチフルハイビジョンD-ILAデバイス」と「Wire Grid光学エンジン」により、高コントラストが得られるという。また、新開発レンズには固定のアパーチャー(絞り)を搭載することで、不要な光を排除したとのことだ。

 色の要素であるR(赤)、G(緑)、B(青)、C(シアン)、M(マゼンダ)、Y(イエロー)の「色相」「彩度」「明度」が調整できるカラーマネージメント機能も装備。カスタマイズメモリーは3つまで備え、好みに合わせて色味の調整が可能だ。ボディカラーはブラックのみとなる。

 HD350は、ネイティブコントラスト3万対1の高画質モデル。ボディカラーはブラックとホワイトの2色をそろえる。

 両機種ともに上下80%、左右34%の「電動式レンズシフト機能」を搭載したほか、レンズカバーの開閉がリモコンでできる「電動スライドレンズカバー」を装備。天吊りなど手の届きにくい場所でもレンズカバーをオープンにすることなく、未使用時にはキズやホコリからガードできる。

 入力端子はHDMI端子2系統のほか、コンポーネント1系統、S端子1系統を装備。HD750のみコンポジット1系統、アナログRGB(PC)1系統、トリガーアウト1系統なども搭載されている。

 HD750/350の発売に合わせ、天吊金具「EF-HT12」(価格:5万4600円)、高天井用延長ポール「EF-EP1」(価格:2万9400円)といったオプション製品も用意された。

「DLA-HD750」「DLA-HD350」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加