logo

1日144回更新、10分ごとの雨予報が携帯電話でわかる「10分降りダス」

永井美智子(編集部)2008年09月17日 12時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気象情報を企業向けに提供するライフビジネスウェザーと、携帯電話向けのコンテンツを手がけるドワンゴは9月17日、共同で展開している携帯電話向けの気象情報サイト「天気・地震・台風速報」において、10分ごと、60分先までの雨予報を提供する「10分降りダス」を開始すると発表した。1日144回情報を更新するというのが売りだ。

 携帯電話のGPS機能を使い、その地域の雨の強さに関する予報を提供する。1km四方ごとに、情報を10分間隔で更新する。予測する雨のランクは、雨なし、小雨、弱い雨、本降りの雨、強い雨、激しい雨、猛烈な雨の7段階で表示。「1日144回、更新間隔を10分ごとと極めて短くすることで、これまで予測が困難だった、にわか雨や雷雨の高精度での予測を可能にした」(両社)

 10月には、地点と50分先までの10分間隔のタイムスパン、雨の強さを設定し、その条件に該当した場合にはメールでアラームが発信される機能を追加する計画だ。

 サイトの利用料は月額105円。NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルで利用可能だ。

-PR-企画特集