DEMOfallプレビュー:注目企業トップ10

文:Rafe Needleman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年09月09日 17時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DEMOfallTechCrunch50カンファレンスが米国時間9月8日に始まった。DEMOfallは参加企業72社を公表している。また、TechCrunchは8日午前6時に参加企業の一部を公表した。

 もし筆者がDEMOfallに行けたら最も注目するであろう企業のトップ10は以下の通り(筆者はJosh Lowensohnと一緒にTechCrunchに行くことになっており、DEMOfallには、CNET News記者であるElinor MillsとDaniel Terdimanが行く)。時間があれば、TechCrunchの注目企業のリストも作成したいと思う。

RafeのDEMOfall注目企業トップ10

 (注:筆者はこれらの企業すべてに話を聞いたわけではないので、宣伝文句の理解が不十分かもしれず、カンファレンス後にはトップリストが変動する可能性が高いことに注意されたい)

 (注2:また、最初の記事公開時にミスがあったため、選んだ企業1社が変更されている)

  • Clintworld(「Clintview」):主に携帯キャリア向けの財務分析ツールで、価格設定に基づいた顧客の行動をシミュレートし、最大の収入を上げる価格体系、料金プランの作成を支援する。価格サービスにシステム化されたアプローチを持ち込んでおり、賢いと思う。有料ウェブサービスにも応用できるかもしれない。
  • CrowdSpring(「CrowdSpring Private」):CrowdSpringは新興企業ではないが、筆者はこのアイデアが気に入っている。知的作業のオープン市場にこれまでなかったものだ。DEMOfallでは、万が一にも創造性がインターネットに流出しないよう、企業が自社独自の閉鎖された市場を作成できる「CrowdSpring Private」を披露する。
  • Infovell:非常に興味深い新しい検索サービスで、任意に長いクエリを入力でき、単語のまとまりの重要性、頻度に従って結果をランク付けする。また、これまでにない「もっと近いものを探す(More Like This)」機能によって、ウェブページ全体をクエリとして使うことができる。複雑な医療、法律問題を研究するのにうってつけかもしれない。
  • Mapflow(「Avego」):配車システムのような装置で、自分の目的地と同じ方面に行きたい人の所在地情報をドライバーに伝え、気軽に自動車の相乗り通勤を実現する。いわばヒッチハイク2.0である。いささか怖い気もするが、すばらしい考えであり、非常に環境に優しい。
  • PaidInterviews :求職者に面接費用を支払う。筆者に言わせれば、まったく正気でない経済モデルだが、そこがおもしろい。
  • Plastic Logic :既存の「E Ink」のテクノロジに対抗する可能性を持つ、電子書籍の新しい科学企業で、新興企業のカンファレンスで個性を放っている。まさに楽しみな企業だ。
  • SpinSpotter :報道の偏見、間違いを特定すると主張している。もしその通りであれば、有用だ。とはいえ、ブログの世界で使用すればオーバーワークで爆発してしまうだろう。ところで、誰が監視者を監視するのだろうか。
  • Telnic(「.tel」):新しいトップレベルドメインを使って、個人の名刺となるウェブサイトを作成できるサービスを提供する新しい会社の1つだ。筆者はこのモデルには非常に懐疑的だが、どう発展するか見てみたいと思う。
  • WebDiet :ユーザーの所在地をベースにダイエットを支援する。ユーザーの周囲にあるレストランなどをベースに、食べ物に関するアドバイスを提供する。ただし、McDonald'sに向かうと電気ショックを与え、「そのまま歩け!」と大声を出すかどうかは不明だ。
  • Xumii :携帯電話からすべてのソーシャルサイトにアクセスできるサービスを提供する。若い世代で複数のソーシャルサイトを利用している人たちにとっては非常に便利だろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加