logo

オウケイウェイヴ、企業向けソリューションを一新--「OKBiz」としてプラットフォーム化進める - (page 2)

岩本有平(編集部)2008年09月08日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OKBizのプラットフォーム上に、これまで個別で提供してきたFAQ作成管理ツールやQ&A情報活性化ツールをはじめ、さらには企業内検索やデータの分析機能など、さまざまなツールをモジュールとして提供していく予定だ。モジュールの開発については他社とも積極的に連携していく予定。

 OKBizの発売に合わせ、第1弾のモジュール「OKBiz FAQモジュール」が提供される。これはもともとOKWave Quick-Aの名称で販売されていたFAQ作成管理ツールを拡張したもので、ウェブサイトで公開するFAQの作成支援や検索をはじめ、ワークフロー管理や統計情報の閲覧など、FAQの構築から承認、運用管理までが可能な製品となる。今回の製品提供にあたり、ユーザーインターフェースを大幅に改善したほか、パフォーマンスとスケーラビリティを大幅に向上させており、20万件以上のFAQの管理が可能だという。

 提供形態や価格などの詳細は以下のとおり。なお、OKWave Quick-AやOKWave ASK-OKのユーザーに対しては、OKBizへの移行ツールを提供するなどのサポートをしていく。

  • 提供形態
    SaaS、パッケージ。今後はアプライアンスサーバでの提供も予定する
  • 料金体系
    SaaS版:初期導入費120万円から、月額利用料金25万円(プラットフォーム利用料15万円、1モジュール利用料10万円)から
    パッケージ版:初期導入費+ライセンス費+保守費用を個別見積もり

 また今後は、問合せ対応機能ならびに対応履歴の一元管理が可能な「QAモジュール」を2008年内に提供するほか、2009年初旬にはQ&Aコミュニティーの構築ができる「COMモジュール」を提供する予定だ。同社ではOKBiz関連事業で今期10億円の売り上げを目指す。

OKBiz OKBizの概念図

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]