logo

アップルとAT&T、「iPhone 3G」をめぐり新たな訴訟に直面

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、長谷睦2008年09月04日 09時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとAT&Tが、「iPhone 3G」をめぐる新たな訴訟に直面している。

 今回訴えを起こしたのはサンディエゴ州に住むWilliam Gillisさんで、2社が「3Gネットワークの速度、強度、性能を偽って伝えた」と主張していると、フリージャーナリストのJustin McLachlan氏は伝えている。Appleは、iPhone 3Gの電波受信感度に関する問題の存在をすでに認めており、ソフトウェアアップデートによってこの問題を解決すると約束している。

 Appleは8月にもアラバマ州の女性から訴訟を起こされている。この女性は、同社がiPhone 3Gを初代「iPhone」より「2倍速い」と宣伝して消費者を欺いたとして、同社を訴えた。

 しかし、Gillisさんの訴えは少し異なっているようだ。AppleInsiderによれば、Gillisさんは訴えの中で、AppleとAT&TはiPhone 3Gに電力制御の問題があることに気づいており、iPhone 3Gの販売台数を考えれば、この問題が原因で今のようなネットワークの混雑が発生することを把握していたはずだと主張している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集