logo

フォトレポート:プジョー、「未来都市にあう車」でデザインコンペ--最終選考車両を公開

文:Candace Lombardi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年09月03日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 今回で5回目となるPeugeot Design Contest 2008は、設計者らに革新的なコンセプトカーを考案する機会を提供している。同コンテストは、4月に開催された北京モーターショーで開始され、7月に応募が締め切られた。

 その後、Peugeotは、最終選考に残った29作品を発表した。そして、同社は一般消費者に、9月15日までに作品へ投票するよう呼びかけている。優勝者には、賞金1万ユーロ(約1万4750ドル)と受賞作品の小型模型などが送られる。以下、応募作品のいくつかを紹介する。

 デンマークのMichael Witus Schierup氏の作品「Peugeot Verde」は、興味深い安全コンセプトに基づいて設計されている。同車は、卵型の本体に2枚のウイングが付いたデザインになっている。車が衝突した瞬間、車のメインキャビンと各ウイングの間のエアーバッグが膨らみ、乗客への衝撃を最小限に抑える仕組みだ。
Scroll Right Scroll Left

 今回で5回目となるPeugeot Design Contest 2008は、設計者らに革新的なコンセプトカーを考案する機会を提供している。同コンテストは、4月に開催された北京モーターショーで開始され、7月に応募が締め切られた。

 その後、Peugeotは、最終選考に残った29作品を発表した。そして、同社は一般消費者に、9月15日までに作品へ投票するよう呼びかけている。優勝者には、賞金1万ユーロ(約1万4750ドル)と受賞作品の小型模型などが送られる。以下、応募作品のいくつかを紹介する。

 デンマークのMichael Witus Schierup氏の作品「Peugeot Verde」は、興味深い安全コンセプトに基づいて設計されている。同車は、卵型の本体に2枚のウイングが付いたデザインになっている。車が衝突した瞬間、車のメインキャビンと各ウイングの間のエアーバッグが膨らみ、乗客への衝撃を最小限に抑える仕組みだ。

提供:Peugeot/Michael Witus Schierup

 今回で5回目となるPeugeot Design Contest 2008は、設計者らに革新的なコンセプトカーを考案する機会を提供している。同コンテストは、4月に開催された北京モーターショーで開始され、7月に応募が締め切られた。  その後、Peugeotは、最終選考に残った29作品を発表した。そして、同社は一般消費者に、9月15日までに作品へ投票するよう呼びかけている。優勝者には、賞金1万ユーロ(約1万4750ドル)と受賞作品の小型模型などが送られる。以下、応募作品のいくつかを紹介する。  デンマークのMichael Witus Schierup氏の作品「Peugeot Verde」は、興味深い安全コンセプトに基づいて設計されている。同車は、卵型の本体に2枚のウイングが付いたデザインになっている。車が衝突した瞬間、車のメインキャビンと各ウイングの間のエアーバッグが膨らみ、乗客への衝撃を最小限に抑える仕組みだ。

-PR-企画特集