logo

トレンドマイクロ、未知の不正プログラム対策を可能にするソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは8月20日、「リージョナルトレンドラボ」との連動による、潜在的な脅威の可視化と対策のためのソリューション「Trend Micro Threat Management Solution」を発表した。このソリューションは、「Trend Micro Threat Discovery Suite」(9月1日発売)と「Trend Micro Threat Mitigation Suite」(11月初旬発売予定)の2つのスイートサービスで構成される。

 本ソリューションは、ネットワークを常時監視して疑わしい挙動をとらえ、その中から潜在的な脅威を可視化するもの。各コンピュータで記録するプログラムの動作を追跡調査することで、パターンファイル対応前の新種の不正プログラムを検出して削除できる。監視状況や処理結果は、リージョナルトレンドラボのエンジニアがレポートで報告する。

 緊急度の高い脅威に関しては、自動復旧が可能。さらに、ユーザーの環境に専用装置やソフトウェアを設置するのみで、既存の環境や製品に依存しないで導入できるため、トレンドマイクロ製品を利用していない環境でも未知の不正プログラム対策が可能となる。

 「Trend Micro Threat Discovery Suite」は、検知用アプライアンス「Trend Micro Threat Discovery Appliance」を設置することによって、疑わしい挙動の分析による不正プログラムの特定、レポート「Trend Micro Threat Management Services」を提供する。

 また「Trend Micro Threat Mitigation Suite」は、処置サーバ用ソフトウェア「Trend Micro Threat Mitigator」とクライアントソフトウェア「Trend Micro Threat Management Agent」によって、感染活動の追跡調査による原因分析と復旧処理を行う。

-PR-企画特集