logo

よしもと芸人がフルチェンケータイをプロデュース--制作模様をウェブで番組配信

松田真理(マイカ)2008年08月20日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 よしもとファンダンゴは8月20日、KDDIおよび沖縄セルラー電話が発売しているau携帯電話「フルチェンケータイ re」をベースにした「よしもとケータイ」の企画とプロデュースをすると発表した。

 フルチェンケータイ reは、携帯電話の外装や待受画面、メインメニューなどのコンテンツがカスタマイズできる「フルチェン」に対応した端末。今回、千原ジュニア氏、宮川大輔氏、ケンドーコバヤシ氏、麒麟などの吉本興業所属タレントが携帯電話の各パーツをプロデュースし、よしもとケータイを作り上げる。

 具体的には、千原ジュニア氏が外装をデザイン。宮川大輔氏は待受画面とアラーム音、着信音。ケンドーコバヤシ氏はメニュー画面。麒麟はメール着信音を担当するほか、その他のタレントも参加する予定だ。

 また、よしもとケータイを企画、検討していく様子は、ザ・セミドキュメンタリー番組「オレ達の着メロは鳴り止まない!」を8月21日よりウェブで配信する。なお、よしもとケータイは、au販売店で10月下旬より発売する予定だ。

「フルチェンケータイ re」イメージ 「フルチェンケータイ re」イメージ

-PR-企画特集