logo

フォトレポート:NASAが明らかにしたオーロラの秘密 - 2/15

文:CNET News.com Staff
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年08月14日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 多くの場合、これらのサブストームと一緒に、無線通信やGPS装置を妨害し、停電を引き起こすことがある宇宙嵐が発生する。科学者は、このプロセスについての理解が深まることで、磁気嵐の強さと影響をより正確に予測できるようになると考えている。

 メリーランド州グリーンベルトにあるNASAゴダード宇宙飛行センターのTHEMISプロジェクト担当科学者であるDavid Sibeck氏は、「太陽風からのエネルギーを捕獲、保存する地球の磁力線は、宇宙空間にまで引き伸ばされている。磁気再結合により、これらの引き伸ばされた磁力線に蓄えられているエネルギーが放出され、荷電粒子が地球の大気圏に向けて放出される」と述べている。
Scroll Right Scroll Left

 多くの場合、これらのサブストームと一緒に、無線通信やGPS装置を妨害し、停電を引き起こすことがある宇宙嵐が発生する。科学者は、このプロセスについての理解が深まることで、磁気嵐の強さと影響をより正確に予測できるようになると考えている。

 メリーランド州グリーンベルトにあるNASAゴダード宇宙飛行センターのTHEMISプロジェクト担当科学者であるDavid Sibeck氏は、「太陽風からのエネルギーを捕獲、保存する地球の磁力線は、宇宙空間にまで引き伸ばされている。磁気再結合により、これらの引き伸ばされた磁力線に蓄えられているエネルギーが放出され、荷電粒子が地球の大気圏に向けて放出される」と述べている。

提供:NASA/Goddard Space Flight Center Conceptual Image Lab

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]