セレゴ・ジャパン、アメブロに英語コンテンツを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セレゴ・ジャパンは8月5日、外部のポータルサイトやニュースサイトに対して、自社が運営するSNS型無料英語学習サイト「iKnow!」の学習コンテンツや学習アプリケーションを提供する「iKnow! コンテンツタイアッププログラム」を開始すると発表した。

 iKnow! コンテンツタイアッププログラムにより、他社サイトでも語録の習得ができるiKnow!と、リスニング能力アップが可能な「Dictation(ディクテーション)」、および2択ゲームアプリケーション「BrainSpeed(ブレインスピード)」を、スタートボタンのクリックだけで、他サイト内でもアプリケーションとして活用することが可能となる。

 第1弾として、サイバーエージェントの「Ameba(アメブロ)」において、ブレインスピードをカスタマイズした、「英語KNOW力診断所」を、8月5日より31日までの期間提供すると同時に、iKnow!サイト内において、キャンペーンページを開設する。

 ブレインスピードは、反射的に答えを出す力を鍛えて、記憶定着を促進することを目的とした、PCと任天堂Wii対応のゲームアプリケーションだ。このたび提供となる英語KNOW力診断所は、ブレインスピードの機能はそのままに、ビジュアル面をカスタマイズしている。

 セレゴ・ジャパンでは、iKnow! コンテンツタイアッププログラムの導入について、サイト内ユーザーに対して、エンターテインメント要素のある学習アプリケーションを提供することにより、ユーザーの定着率の向上などが期待できるとしている。今後は加盟サイトを2008年内に20サイトに拡大し、英語学習プラットフォーム作りを進める予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加