logo

Yahoo!検索結果の関連キーワードを操作できる「スィートクラスSEO」

鳴海淳義(編集部)2008年07月29日 15時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コミュニケーションデザインシステムズは7月28日、ヤフーのウェブ検索結果に表示される関連キーワード枠に、特定のキーワードを表示させるサービス「スィートクラスSEO」を販売開始した。

 Yahoo!検索の関連キーワード枠は検索結果の上部と下部、「虫めがね」アイコンの右側にある。ここには多くのユーザーが特定のキーワードと一緒に検索しているキーワードが表示される。

 例えば、「cnet」というキーワードで検索すると、この欄には「cnet download.com」、「cnet 就職」などと表示される。つまり「cnet」というキーワードは、「download.com」、「就職」というキーワードと合わせて検索されることが多いということだ。

ヤフーで「cnet」と検索した場合の関連キーワード ヤフーで「cnet」と検索した。関連キーワードが検索窓のすぐ下に表示される。

 スィートクラスSEOは独自技術により、この関連キーワード枠に特定のキーワードを表示させることができるという。「ダイエット」や「ローン」などのビッグワードの検索結果に、関連キーワードとして自社名を出すといったことも可能となる。

 ただ、多くのユーザーが検索した結果が反映されるこの枠に、スィートクラスSEOはどのようにしてキーワードを表示させるのだろうか。これについてコミュニケーションデザインシステムズに尋ねると、社外秘とのことだった。

 コミュニケーションデザインシステムズはすでに数社の依頼を受けてスィートクラスSEOを提供しているという。現在、どのキーワードを運用しているかについては明かされなかった。サービスの価格は、検索に用いるキーワードと関連枠に表示させるキーワードの組み合わせによって変動するという。

-PR-企画特集