logo

脱獄した「スパム王」が自殺--家族とともに遺体で発見される

文:Margaret Kane(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年07月28日 14時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 服役中の刑務所から脱走したスパマーが、米国時間7月24日の晩に妻と3歳の娘とともに遺体で発見された。

 Associated Press(AP)の記事によると、「スパム王」の異名をとるEddie Davidson受刑者は4月に、ヘッダー情報を改ざんした上でのスパムメールの送信、脱税などの罪を認め、懲役21カ月の有罪判決を受けたという。

 APによると、Davidson受刑者は20日、コロラド州の州都デンバーから南に約145キロのところにあるフローレンスの最も警備の甘い刑務所から脱走し、以来、警察が探していた。

 複数の報道によると、警察が銃声を聞いたとの通報を受け駆け付けたところ、コロラド州ベネットの私道に停車中のスポーツ用多目的車(SUV)の中にいた受刑者と妻、3歳の娘を遺体で発見した。チャイルドシート内で発見された別の乳児にけがはなかったが、銃で首を撃たれた10代の少女が近所の家に駆け込んで助けを求め、病院に運ばれた。APによると、その乳児と10代の少女とDavidson受刑者との関係は不明だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集