logo

iPhone発売の熱気で関連銘柄の株価が急騰 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルパーク株はiPhoneの発売日が決まったことをきっかけに人気に火が付き、株価は連続ストップ高を交えて急騰。6月9日の6万8100円から、6月17日には2倍近い13万4000円まで急上昇した。

 iPhoneに部品を供給しているメーカーは公表されていないが、iPhoneの特徴でもあるタッチパネルを手掛ける日本写真印刷、KIMOTOなどが関連銘柄として物色された。またiPod向けのイヤホンを供給していたフォスター電機、スピーカーシステムを供給していたティアックなども関連銘柄として取り上げられていた。

 タッチパネル関連銘柄については、iPhoneの大ヒットを受けて今後のデジタル機器多くに搭載されるとの思惑も働いており、中期的な需要増も期待されている。

 端末の急速な普及を受け、コンテンツ関連企業への注目を高まっている。iPhoneへのコンテンツ提供を発表済みの企業としては、老舗ゲームメーカーのハドソン、セガサミーホールディングス傘下のセガ、パチンコ向け通信機器のサン電子などがある。サン電子は過去、家庭用ゲームソフトを手掛けており、懐かしのパズルゲーム「上海」などのタイトルを保有。今回はその「上海」をiPhone向けに配信する。

 今後は、NTTドコモ向けなどにコンテンツを配信しているモバイルコンテンツ企業も、相次いでiPhone向けへの参入を表明してくることが想定される。株式市場のiPhoneへの注目度は今後も衰えることはなさそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]