グーグルのユーザー数、わずかに増加--6月米調査

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月15日 11時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは6月に米国市場でライバル2社からわずかながらシェアを奪ったことが、調査会社の最新の統計で明らかになった。

 米調査会社Nielsen Onlineによると、Googleの総ユーザー数は5月の1億2760万人から6月は1億2800万人に増加したという。一方、Microsoftのユーザー数は1億2330万人から1億2300万人へとわずかに減少。また、Yahooのユーザー数も1億1560万人から1億1340万人に減った。

 また、各サイトにおけるユーザー1人当たりの消費時間では、Googleは他の2社に及ばないものの、その差は縮まっている。具体的には、Googleが5月の1時間49分から1時間50分に増加。それに対し、Yahooは3時間13分から3時間7分に減少。Microsoftも2時間16分から2時間12分に減少した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加